BYK Additives & Instruments

セラミックス分野-ビデオ

高速攪拌機でのセラミックスラリーの製造

Al2O3 75%、水 25%の配合でスラリーを製造するとかなり粘度が高いペーストになります。その配合に1%の液剤(湿潤分散剤)を加えると、固形粒子の湿潤分散性が飛躍的に向上し、低粘度のスラリーが製造できます。ジルコニアビーズを用いた粉砕プロセスにおいても最適な分散性を付与し、凝集のないスラリーが得られます。

セラミックス成形粒子の準備

湿潤分散剤を添加すると、低粘度の酸化アルミニウムと水からなるセラミックスラリーが作られます。(粉砕ビーズ高速攪拌)
粉砕ビーズは濾過分離され、消泡剤やバインダーおよび押出し成形剤が攪拌時に添加されます。スプレー乾燥で液状スラリーから成形粒子が作られて、遠心作用で粗い粒子が分離します。
成形粒子からセラミックグリーンシートを製造するためにプレス(圧力)が用いられます。

キャスティングラインでのセラミックテープの製造

セラミックスラリーは特殊な電気振動がないポンプを用いるキャスティングラインで作られます。そこでは幅の広いスロットノズル付のキャリアホイルで用いられます。湿式のスラリーフィルムは乾燥ゾーンを経て完成します。
セラミックテープは容易にキャリアホイルから剥がれます。多層セラミックコンデンサー(MLCC)は、セラミックテープの典型的な適用例で最新の電気回路に幅広く用いられています。