BYK Logo

Discover the Plastics Industry

熱硬化性樹脂 - 熱硬化性樹脂の特長を最大限に引き出す

当社の熱硬化性樹脂用の添加剤ポートフォリオには、先端複合材料などの幅広い用途向けの製品が含まれています。このポートフォリオでは、業界内で使用されているあらゆる技術(シート/バルク成形コンパウンドや引抜、注入ハンドレイアップ/スプレーアップなど)に対応する製品を提供しています。

当社製品は、不飽和ポリエステル、ビニルエステル、エポキシ、ポリウレタン、アクリレートに使用できます。繊維強化複合材料、ゲルコート/注型コンパウンド、電気/電子製品の絶縁、ポリマーコンクリート、人造石や人工大理石などの用途があります。

これらの市場でさまざまなお客様に製品を提供しているということは、当社が業界のバリューチェーンのさまざまな段階に関与していることを示しています。当社のお客様の例としては、樹脂のメーカーや配合/調整会社、最終部品メーカーなどが挙げられます。当社の添加剤を使用されるお客様は、材料の品質と特性の向上だけでなく、生産プロセスの効率化も実現しておられます。

市場のトレンドは急速かつ常に進化しており、持続可能性に関する期待も高まっています。当社は長年培ってきた専門知識に基づき、お客様に革新的なソリューションを提供しています。当社の専門知識はこの分野の製品にも活かされており、最近では世界初の炭素繊維用カップリング剤(BYK C-8013)や、再生可能な材料のみをベースとした脱泡剤(BYK-A 505)を開発しています。

また職場での危険を少なくしたいというお客様のご要望に応え、スチレン排出抑制剤を開発しました。これは特に不飽和ポリエステル樹脂に適しています。これらは最新の安全衛生規格に準拠しています。当社の添加剤ポートフォリオは、熱硬化性樹脂系をさまざまな面で最適化できます。たとえばカップリング剤を使用すると、ポリマーコンクリート系や繊維強化系の機械的強度を大幅に高めることができます。また、当社のレオロジー添加剤や消泡剤は材料の加工特性を高め、湿潤分散剤は貯蔵性を向上させることができます。表面調整剤は、基材の湿潤と材料のレベリング品質の向上に役立ちます。製造の効率と信頼性を高めるため、当社のプロセス添加剤ではいくつかの効果(離型と表面増強の特性など)を組み合わせている場合があります。

BYK では必要に応じて、お客様の用途に合わせて添加剤の試験を実施するためのラボサービスを提供しています。たとえば、繊維強化化合物に適した製品を特定するために、シート成形プレスを導入しています。

また職場での危険を少なくしたいというお客様のご要望に応え、スチレン排出抑制剤グループを開発しました。これは特に不飽和ポリエステル樹脂に適しています。これらは最新の安全衛生規格に準拠しています。

熱硬化性樹脂:信頼性の高い加工、欠陥のない材料

当社の添加剤は、多種多様な産業の幅広い用途に使用できます。顧客にとっても多くの利点があります。当社の加工助剤を使用することで、信頼性の高い製造プロセスを実現できます。また、当社の機能性添加剤は最終製品の特性最適化に役立ちます。このため、キズのない表面と優れた機械的特性を持つ複合材を生み出すことができます。

自動車産業

自動車業界では、トリム、トランクのふた、ヘッドランプハウジングなどの多くの用途に熱硬化性樹脂ベースの部品が使用されています。当社製品は、シート/バルク成形コンパウンド(SMC/BMC)中に製造プロセスを最適化し、プロセスの信頼性を上げることに役立ちます。BYK-P 9065 などのプロセス添加剤は、成形後の離型性が優れているため、部品の表面をきれいに仕上げることができます。また湿潤分散剤(特に BYK-W 9010)を使用すると、生産中に樹脂の流動挙動が向上します。

船舶/ヨット製造

当社の添加剤を船舶やヨットの船体の構造部品に使用すると、多くの利点が得られます。流動挙動と加工を最適化するには、これらの材料に RHEOBYK-R 605 を使用することをお勧めします。ボート外皮のゲルコートに必要な無孔性を確保するには、生産中に脱気用添加剤を使用することをお勧めします。BYK-A 555 には、特にこの用途での優れた実績があります。BYK-330 などの表面調整剤は、材料の基材湿潤性を向上させることができます。ハンドレイアップ/スプレーアップ技術を使用するオープン成形加工では、スチレン排出抑制剤(BYK-S 750 N など)を使用してください。職場での危険を少なくし、作業条件を最適化できます。

建設分野

当社の添加剤は、建設分野で使用されるさまざまな材料の性能向上に使用されています。たとえば、配管用のポリマーコンクリートや人造石/人工大理石、調理台などの内装品に塗布される固体表面材などがあります。特に BYK-C 8000 などのカップリング剤は、材料の機械的強度と荷重負担能力を上げるためにメーカーで使用されています。また、BYK-W 908BYK-W 909 などの湿潤分散剤は、製造中に樹脂の流動挙動を最適化することに役立ちます。

電気/電子分野

当社の添加剤は、回路基板や部品、電気絶縁、電気鋳造などの電気/電子分野の用途に使用できます。この分野での課題は、塗布中に樹脂の完全な流動挙動を確保することです。また最適な結果を得るには、完璧な湿潤特性と脱気が必要です。このため当社では、脱気用に BYK-088、湿潤用に BYK-W 985、基材湿潤用に BYK-310 という添加剤をご用意しています。

先端複合材料

運送業界では、炭素繊維ベースの軽量構造体への需要が高まっています。これらの先端複合材料によって、エネルギー効率の高い車両を生産できるためです。これらの材料を信頼性の高いプロセスで製造するには、適切な繊維の湿潤によって、部品の機械的強度を確保する必要があります。また不良品を最小限に減らすには、完全な湿潤性が必須です。

当社の革新的な添加剤 BYK-C 8013 は、炭素繊維専用に作られています。独自の化学組成によって、炭素繊維を樹脂マトリックスに結合させることができます。このため、最終部品の弾力性が向上します。シート/バルク成形や引抜、プリプレグ、RTM などの熱硬化プロセスでは、部品の機械的強度が最大 70 % 向上します。また、加工助剤 BYK-P 9920 も、繊維湿潤の最適化に役立ちます。

スポーツ用品

ゴルフクラブやテニスラケット、釣り竿のほとんどは炭素繊維強化材でできています。材料特性を改善するには、この専用湿潤分散剤BYK-9076 の使用をお勧めします。これは特に、引抜生産プロセスに適しています。

風力タービン建設

当社は、風力タービンのローターブレードの生産を多くの面でサポートしています。当社の結合剤 BYK C-8001(反応基を含む共重合体)は、ブレードに使用される繊維強化樹脂の機械的強度と耐久性を向上させることができます。当社の粘度制御技術(Viscosity Control Technology:VCT)は加工助剤をベースにしており、部品接合用の接着剤として利用されています。Thixbooster BYK-P 2710 と Thixbreaker BYK-P 2720 を組み合わせれば、加工手順ごとに最適な粘度を得ることができます。