BYKのPTFEワックス添加剤

パーフルオロオクタン酸(PFOA)のアンモニウムおよびナトリウム塩は、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)などの種々のフルオロポリマーを製造および加工する過程で生じる。2020年7月4日以降、EUはPFOAおよび関連物質の取り扱いを厳しく制限しています。

EUでは、残留性有機汚染物質に関する規則(EU)2019/1021の付属書Iに従い、PFOAおよび関連化合物は、2020年7月4日発効で、それら自体、混合物中、または成形品中のいずれであっても、製造、上市、使用することができません。

物質、混合物または成形品中のPFOAまたはその塩のいずれかの濃度が25ppb以下である場合には、特定の免除が適用されます。

従って、2020年6月30日から、BYKは、25ppbを超えるPFOA含有量を有するPTFEを含有するワックス添加剤の製造および販売を中止。当該添加剤は、新しく低減PFOA (<25ppb)に置き換えられます。これらの変性製品は、元のまま1 対1 で置き換えることができます。

PFOA含有量が25ppbを超えるPTFEワックス添加剤
2020年6月30日中止

PFOA含有量が25ppb未満の代替PTFEワックス添加剤

AQUACER 1550

AQUACER 1550 R

CERAFLOUR 981

CERAFLOUR 981 R

CERAFLOUR 996

CERAFLOUR 996 R

CERAFLOUR 997

CERAFLOUR 997 R

CERAFLOUR 998

CERAFLOUR 998 R

CERACOL 607

CERACOL 607 R

PFOA含有量低減は、ワックス添加剤の性能に影響しません。

さらに、BYKは、25ppb未満のPFOA含有量のPTFEを含有するワックス添加剤をご提供します。当該製品は以下のとおりです:

PFOA含有量が25ppb未満のPTFE

PTFEのPFOA含有量を決定するために、BYKは、適切な原料のみを使用し、特別に開発された自社方法で取り組んでいます。この方法は、3M社によって開発され、欧州当局に利用承認されたプロセスに基づいており、極めて低い濃度でもPFOAを測定することが可能です。

BYKのPFOAフリーPTFEワックス添加剤:処方を変えることなく代替可能

以下に示す知見は、硬度および表面のスリップ性の両方に関して、CERAFLOUR 996と新しいCERAFLOUR 996 Rとの間に差がないことを実証しています。光沢およびヘイズのような視覚的特性も同一です。

 

試験:ポリエステル/メラミントップコート

 

さらに、BYKでは、配合中のPTFEを完全に代替するための革新的な解決策に取り組んでいます。PTFEと同様の耐擦傷性、耐摩耗性を得ることを目的としていますが、代替原料をベースで取り組んでいます。

BYKのワックス添加剤に関するさらなる情報を希望される場合は、お近くのBYKにお問合せください。また、お問合わせフォームを使用してご相談ください。