食品接触

食品接触製品とは、意図的に食品に接触するものです。ナイフやフォークなどの銀製食器類、皿などの食器類および食品加工機械など繰り返し使用される製品の他に、食品の多くは使い捨て包装容器に接触します。

食品接触用途に用いられる製品および材料には、有害性が低いことを保証するための特定の法規制が適用されています。人の健康に対する大きな脅威は、一定量の化学物質が食品中に放出され、移行することで起こります。また、各法規制を遵守することにより、食品の成分あるいは味、においなどの官能的な性質の変化を防止しています。

世界的には、各国当局が用途に沿ったリスク評価を行っています。米国では、連邦規則集 Title 21(21CFR)において適切な要求事項が定められています。EUでは、EU域内の統一された規制と各国内法により、使用可能な化学物質が認可および制限されています。これらの共通基盤として、EUには枠組み規制(EC) 1935/2004があります。さらに、中国や日本などの他の地域においては、食品接触製品に関する法規制の目的や手続きが異なっています。

当社の添加剤は、食品接触材料に用いられる幅広い用途、例えば、缶コーティングや印刷インキなどに使用されています。したがって、化学物質が食品に移行するリスクを最小限におさえるために各用途に適用される法的要求事項は、当社製品にも直接的に影響しています。

BYK添加剤の食品接触用途における法的適合状況

BYK添加剤に関するこのような規制への適合状況を確認できる文書は、本ウェブサイトからダウンロード可能です。

製品名を選択して下さい:

ご質問や詳しい情報をご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。