BYK – 添加剤の専門家

お客様

当社のお客様は、コーティング、印刷インキ、プラスチック、接着剤およびシーラント、ならびに洗浄剤、床コーティング、潤滑剤のメーカー様など幅広い分野にわたります。さらに、BYK添加剤は、建設化学、石油およびガス、ならびに鋳物産業に用途展開されご使用いただいています。

BYK全世界に拠点

BYKは、ドイツ(Wesel, Kempen, Moosburg, Schkopau)、オランダ(Deventer, Nijverdal)、英国(Widnes)、米国(Wallingford, Chester, Gonzales, Louisville, Rochester Hills)、および中国(Tongling, Shanghai)に関連会社の世界的ネットワークを有し、製造拠点をもっています。当社はALTANAグループのメンバーで、世界で2,300人以上の従業員を擁しています。

温故知新 – BYK社の歴史

145 年を超える経験知

Dr. Heinrich Byk

1917

1962

2020

2020

テキサスGulf Scientific社を買収

2017

PolyAd Services社買収手続き完了し、プラスチックビジネスを拡充

2016

Addcomp社(オランダ添加剤メーカー)を買収

2013

ドイツ、英国、米国の4工場を含むRockwood社のレオロジービジネスを買収、クレイ系添加剤が製品群に加わる

2011

ポリマー変性製造Kometra社を買収

2010

ALTANA社の大株主Susanne Klatten氏がSKion GmbH社名義の全株式を取得、ALTANA社は個人オーナー企業になる

1991

CERA Chemie B.V.(オランダ)を買収、ワックス添加剤が製品ポートフォリオに加わる

1985

Labotron AGの買収により、BYK測定機器事業の基盤を築く

1977

Varta社から新しく3社が誕生、その一つが ALTANA社 .

1964

BYK-Guldenが、米国 BYK-Chemieを創立、1981年Wallingford, CTに移転、米国本社となる

1962

BYK-GuldenがWeselで工場創業、AFA社(BYK-Gulden親会社)がVARTA AG社に改名

1943-1945

ベルリンの製造、営業施設の大部分が壊滅するが、書類や製造処方はConstanceの銀行金庫に保持。BYK-Guldenに社名変更

1941

Dr. Günther Quandt,  Accumulatoren-Fabrik AG (AFA)取締会会長が会社大株主になり経営委員会会長に就任

1935

BYKが初めて分散剤を上市。Anti-Terra-Uは最も成功した塗料添加剤の1つとして今日に至る

1917

Leipziger Farbwerke Paul Gulden & Co. と合併、BYK Gulden- werke Chemische Fabrik Agを設立

1873

Dr. Heinrich Bykはベルリンに化学工場を設立し、工業用および商業用化学品の製造を開始