新しいBYK-MAXシリーズ:コンパウンドおよびコンバーター用高性能プラスチック添加剤

プラスチックがなければ、私たちの日常生活が不可能になるほど、添加剤はその材料にとってますます重要な役割を果たしています。添加剤のご使用でその品質や機能性が確実に向上します。

BYK-MAX添加剤は、生産時の効率を最大限に高め、処理能力を向上させることにより、プラスチックの加工性を改善します。この新製品群には、PE、PP、PET、およびポリアミドの加工助剤が含まれますが、PEおよびPPをベースとする熱可塑性コンンパウンド向け、ならびにマスターバッチのための加工助剤もラインアップしています。機能性BYK-MAX添加剤は、材料特性を最適化し、熱可塑性プラスチックに付加価値をもたらします。本添加剤群の性能は、曇り防止からスリキズ防止、電気および電子製品に使用されるナイロンベースのポリマーの熱安定性を改善するための、難燃性、UV安定性、結晶化促進および乾燥の課題解決に寄与します。

 

クレイ技術をベースにした2つの添加剤のご紹介:

BYK-MAX CT 4260

ハロゲンを含まない難燃性熱可塑性プラスチックの難燃助剤として、ならびに熱可塑性コンパウンドの物性およびバリア性を改善するために使用されるフィロシリケート

BYK-MAX CT 4260 は、その添加により、難燃性ならびに落下挙動および表層形成が改善されるので、ハロゲンフリーの難燃性熱可塑性コンパウンドに最適です。本製品は、例えば、アルミニウムまたは水酸化マグネシウムのフィラー含有量を少なくすることができます。
これにより、工程や物性が改善され、全体の重量が減少します。酸素、水蒸気および炭化水素に対するバリア性をBYK-MAX CT 4260を使用することによって高めることができます。ポリアミド(PA)などの熱可塑性プラスチック、およびポリ乳酸(PLA)などのバイオプラスチックでは、溶融粘度が増加し、押出中の寸法安定性の改善を可能にします。

BYK-MAX CT 4270

熱可塑性コンパウンドに著しく効率的な強化を付与する有機変性フィロケイ酸塩をベースとする添加剤

BYK-MAX CT 4270は、TPOまたはポリオレフィン複合材料に添加される場合、より低い鉱物含有量、より低い密度、および表面外観、型流れ、寸法安定性および耐スリキズ性の改善を可能にします。その高い強化作用は、引張強さのような物性を著しく増加させます。例えば、TPOベースの自動車部品または伝統的な鉱物またはガラス充填複合材料に著効です。