BYK の添加剤が生み出す先端複合材料先端複合材料の潜在能力を十分に活用し、その製造を最適化するには、BYK の特殊な添加剤の使用が有効です。

先端複合材料の潜在能力を十分に活用し、その製造を最適化するには、BYK の特殊な添加剤の使用が有効です。

風力発電は現代の主要技術の一つであり、世界中のエネルギー産業において不可欠な分野となっています。使用できる原材料に限りがあり、気候変動に対する積極的な取り組みが求められているため、将来的にこの代替エネルギー源の重要性はますます高まっていくものと思われます。BYK の高品質プラスチック添加剤は、風力タービンの性能を大幅に向上させることができます。そのため、この世界的な安定成長市場の市場開拓を推進できます。

たとえば C-8000 シリーズの結合剤には、高効率風力タービンの開発促進に役立つ、次のような多くの利点があります。

  • より長い部品とより大きなローターブレードの生産
  • 強度の向上による材料の節約
  • 自由な原材料選択によるコスト削減
  • エネルギー効率と機械的構造の耐久性の向上
  • 生産プロセスの高速化

BYK の先端複合材料チームが提供する製品、サービスは次のとおりです。

  • プラズママトリックスにおける高性能繊維の湿潤性を向上させる湿潤分散剤

  • 高性能繊維のサイジング用添加剤
  • 溶融プラスチックの流動挙動を向上させるための添加剤
  • 繊維とプラズママトリックスの結合を最大限に強化するカップリング剤
  • 製造プロセスを最適化するためのプロセス添加剤
  • BYK 技術センターにおける、お客様との合同試験と最適化
  • 用途に合わせた個別のコンサルテーション
  • 高性能繊維の表面特性の特性化専用に開発された測定システム

対象分野

  風力エネルギー       海上建設      スポーツ/レジャー       自動車       航空および航空宇宙

先端複合材料用 BYK 製品群

  熱可塑性プラスチック複合材用カップリング剤
SCONA 改質剤

  熱硬化性樹脂複合材用カップリング剤
BYK-C シリーズ

  レオロジー添加剤
チキソ性付与剤、固体チキソトロープ剤

  ガラス繊維サイジング用添加剤
AQUACER エマルション

  プロセス添加剤
BYK-P series

  改質クレイ
補強性フィラー

  繊維湿潤用添加剤
BYK-P 9920, BYK-9076

製品の特長

BYK-C 8013

世界デビュー:BYK が初の炭素繊維用結合剤を開発

  • あらゆる種類の炭素繊維に使用可

  • 柔軟性と横引張強度を最大 70% 向上

  • 混ぜ込みやすい液体添加剤

BYK-C 8013 は、炭素繊維で強化されたラジカル硬化系の機械的強度を高めるための無溶剤型ポリマーカップリング剤であり、世界初の炭素繊維用カップリング剤です。

炭素繊維を用いた複合材料部品に加工される、ビニルエステルや不飽和ポリエステル樹脂で使用されます。交差繊維の強度が大幅に向上するため、設計の自由度が大きく上がります。

BYK-C 8013 によって繊維マトリックス結合が改良されるため、横引張強度と曲げ強度が向上します。この添加剤の化学構造により、繊維と樹脂マトリックスに同時に接着させることが可能になっています。この独自の特性によって、部品設計の可能性が拡がり、非常に耐久性の優れた部品を製造できるようになります。特に SMC/BMC、引抜、プリプレグ、RTM などの熱硬化プロセスでは、BYK-C 8013 を使用することで強度が最大 70% 向上します。

この反応性添加剤は、繊維生産中のサイズまたは加工直前の樹脂に混ぜ込むことができます。その後のいわゆる「二次サイジング」では、BYK-C 8013 をスプレープロセスなどで繊維に塗布できます。この際、一次サイジングを事前に除去する必要はありません。

 

繊維強化複合材料用の添加剤ポートフォリオ

熱可塑性プラスチックまたはデュロプラスチックベースの最新の複合材料の可能性をすべて引き出すために特殊な添加剤を使用すると、大きなメリットが得られます。このような添加剤は、部品製造用の出発原料にも使用されます。たとえばサイジングの際に添加剤を混ぜ込むと、さまざまなマトリックス系に対する繊維の加工や結合を改善できます。添加剤を樹脂に直接使用すると、多くの特性を改質できます。最終配合物での加工特性を大幅に改善したり、プロセスによっては新たな加工特性を生み出したりすることができます。添加剤を使用すると、最終部品の特性や表面を向上させることができます。

BYK は複合材料の分野で豊富な経験を持つ、世界トップクラスのプラスチック添加剤サプライヤーの 1 つであり、お客様と連携して最適な技術ソリューションを開発するパートナーです。