BYK Logo

Discover the Plastics Industry

PVC/ コーティング布地 - プラスチゾル生産の最適化

PVC プラスチゾルは、フローリングや壁紙、印刷用インク、コーティング布地、タープ、その他の布など、非常に広い用途に使用されています。当社はこれらの用途に対応する添加剤ポートフォリオを提供し、製品メーカーの生産プロセスと材料特性の最適化を支援しています。

主要な製品グループは 4 つあります。フィラーと顔料を混ぜ込むための湿潤分散剤、製造プロセス中の条件を最適化するための脱泡剤や消泡剤などです。また加工助剤や減粘剤などもあります。これらの多くは低揮発性のため、屋内の放出レベルに適合できます。

最新の DISPERPLAST の革新性が示すとおり、当社は業界での長年の経験に基づき、新しい市場トレンドに対応するインテリジェントなソリューションをすぐに考案できます。この製品を使用すれば、需要が高まっているラグジュアリビニルタイルの生産効率を上げることができます。

対象用途に最適の配合を特定するため、当社の最終用途のエキスパートがラボで最先端の試験を実施し、お客様をサポートします。たとえばスプレッドコーティング装置によって、フローリングやビニル用の工業プロセスを、ラボの条件下で再現できます。この結果、添加剤の性能に関する正確なデータを取得できます。

新しい湿潤分散剤 DISPERPLAST-1180 は、充填および可塑化された PVC 乾式混合物用に作られており、ラグジュアリビニルタイル(LVT)のバッキング層によく使用されています。

織物加工業者は、さまざまな BYK 添加剤から、コーティング布地や PVC フリーの天然皮革に最適な製品を選ぶことができます。

フローリング、壁紙、皮革、印刷用インキに最適

当社の PVC 用添加剤には、さまざまな機能があります。これには、PVC プラスチゾルのレオロジーと流動挙動を最適化し、脱泡を制御する製品が含まれています。その他に、フィラーや顔料の混ぜ込みに使用できる添加剤もあります。印刷用インキとコーティングにおいては、これらの添加剤を使用して製品固有の特性を生み出すことができます。

最適な添加剤を選択するには、多くの要素を考慮する必要があります。その場合、材料と生産条件の相互作用が主要な役割を果たします。当社はお客様の要望に応じて徹底的に試験を行い、お客様の生産条件下での添加剤の挙動を分析します。こうすることで最適な製品を生み出せるだけでなく、効率的で信頼性の高い生産プロセスをサポートできるのです。

当社の添加剤は、次の用途の生産最適化に役立ちます。

フローリング

当社の湿潤分散剤、減粘剤、泡安定剤を使用すれば、ロール材料やカーペット、ラグジュアリビニルタイル(LVT)の生産時に発生する多くの課題に対処できます。たとえば湿潤分散剤 BYK-1165 を使用すれば、低~中程度のせん断速度で、フィラーを高充填プラスチゾルに混ぜ込むことができます。また DISPERPLAST-1180 を使用すれば、フィラーを熱可塑性プラスチック PVC 化合物に混ぜ込みやすくなります。また、どちらの製品でも材料の流動挙動が最適化されます。帯電防止には BYK-5128 をお勧めします。

VISCOBYK 添加剤は、粘度を下げることでプラスチゾルの加工性を向上させます。これは特に、フィラーがほとんど(またはまったく)ない材料の場合は効果が高くなります。VISCOBYK-5120VISCOBYK-5125 は特に屋内の用途に適していることがわかっています。揮発性が低く、ほとんど放出がないためです。BYK-8020BYK-8070 は一方がシリコンベース、もう一方が石鹸ベースであり、機械的発泡の安定化に役立ちます。

天然皮革とコーティング布地

天然皮革とコーティングされた布は多くの消費材に使用されています。その用途は、車のシートや家具、靴、バッグ、衣類、アクセサリなど多岐にわたります。当社の添加剤は、天然皮革および PVC またはポリウレタン(PU)ベースのコーティング布地の生産や仕上げをサポートします。

用途に応じて、溶剤ベースまたは水性の添加剤を選択できます。当社の表面添加剤は、材料の品質と質感の最適化に役立ちます。ワックス添加剤は、光沢やなめらかさ、グリップ性、快適性を生み出します。湿潤分散剤は、仕上げ時の顔料とフィラーの混ぜ込みに使用します。

当社の消泡剤、レオロジー添加剤、プロセス添加剤は、生産中に仕上げのさまざまな加工パラメータを最適化するのに最適です。消泡剤によって不要な気泡を破壊し、表面をむらなく加工できます。レオロジー製品は流動挙動の向上、プロセス添加剤は PVC プラスチゾルの離型性とセル構造の向上に役立ちます。

壁紙

近頃は、壁紙に美観と生産効率性の両方が求められるようになっています。このため、壁紙印刷に使用される PVC プラスチゾルは、必ず次の要件を満たす必要があります。プラスチゾルの加工によって製品の美的品質が損なわれてはなりません。

このため、最適に加工するには次の減粘剤を使用する必要があります。BYK-1166 は降伏値の高い PVC プラスチゾルに適しています。これは、せん断速度が低~中程度の製品向けに作られています。また、表面と白色度にも良い影響を与えます。VISCOBYK-5000 シリーズ添加剤は、低揮発性配合物専用に作られています。

顔料を混ぜ込むには、DISPERPLAST-1150DISPERBYK-2157 などの湿潤分散剤をお勧めします。

工業用布地

工業用のコーティング布地は、安全性、快適性、光学特性に関する多くの要件を満たす必要があります。当社の湿潤分散剤は、これに関する PVC プラスチゾルの安定化に役立ちます。添加剤 RHEOBYKGARAMITE を使用すれば、加工時のペーストの流動挙動を正確に制御できます。消泡剤 BYK-3155 を使用すれば、表面特性を損なう可能性があるエアポケットの発生を防ぐことができます。

PVC 用の印刷用インキとカラーマスターバッチ

印刷用インキとカラーマスターバッチの品質を左右するのは、発色の強さと加工のしやすさです。当社の添加剤はどちらの特性も提供できます。顔料を混ぜ込むには、DISPERPLAST-1150BYK-9076 などの無溶剤型湿潤分散剤をお勧めします。また、低揮発性添加剤は、インキの加工性の最適化に役立ちます。

PVCドライブレンドとマスターバッチ

PVC ドライブレンド/コンパウンドは多種多様で経済効率が高いため、人気が高まっています。熱可塑性プラスチックのこのような用途には、標準的な分散剤では限界があるため、当社は DISPERPLAST-1180 を開発しました。

DISPERPLAST-1180 はフィラー量が多く粒子分布が均一であるため、ラグジュアリビニルタイル(LVT)の生産に適しています。DISPERPLAST-1180 は樹脂加工プロセスと材料の溶融特性に良い影響を与えます。また、プロセス添加剤 BYK-P 4100 を使用すると離型性が向上するため、生産効率が高まります。

PVC 用途のブランド

当社の PVC 用途のポートフォリオは 5 つのブランドで構成されており、溶剤型と水系の添加剤が含まれています。個々の用途に合わせて、低揮発の環境に優しい製品も提供しています。