BYK Additives & Instruments

プロセス添加剤

BYKプロセス添加剤は様々なプラスチック分野で使われています。本添加剤は幅広い加工条件向上や最終製品の性能に優れた効果をもたらします。例えば:

  • VOCおよび臭気の低減
  • 機械的強度の向上
  • 混合原料の安定化 (例、エマルジョン)
  • 流動性の向上
  • 排出除去の向上

BYKプロセス添加剤の概要、機能、適用分野をご参照下さい。

添加剤構造機能用途
BYK‑P 4100酸性基を有するコポリマー排出性の増加、セル構造の向上PVC
BYK-P 4101シリカに吸着した酸性基を持つコポリマー工程および機械特性の向上熱可塑コンパウンド
BYK-P 4102湿潤剤の性能を持つカルボキシル酸誘導体の低排出量物質顔料およびフィラーの分散向上熱可塑コンパウンド
BYK-P 4200ポリプロピレン・キャリアーの媒体ポリマー、界面活性剤VOC 排出/臭気の低減熱可塑コンパウンド
BYK-P 9050コポリマーを有する表面活性剤工程の向上、排出性能BMC/DMC
BYK-P 9051表面活性剤およびポリマー工程の向上、排出性能BMC/DMC
BYK-P 9060表面活性剤およびポリマー流動性の改良、表面特性、彩色性や排出性能の向上SMC/BMC
BYK-P 9065表面活性剤およびポリマー表面特性、彩色性、排出性能、収縮性の向上SMC/BMC
BYK-P 9080表面活性剤およびポリマー流動性の改良、表面特性の向上および排出性能SMC
BYK-P 9085表面活性剤およびポリマー流動性の改良、表面特性や密着性、排出特性の向上SMC
BYK-P 9902ポリカルボキシル酸ポリマーのアルキルアンモニウム塩ポリオール混合の相溶性の向上PUフォーム
BYK-P 9904塩基性基を持つブロックコポリマーの溶液ポリオール混合物の相溶性の向上、発泡剤との乳化性の促進PUフォーム
BYK-P 9908アクリルコポリマーの溶液ポリオール混合での分離の防止常温硬化性樹脂用
BYK-P 9909アクリルコポリマーのアンモニウム塩溶液ポリオール混合での分離の防止常温硬化性樹脂用
BYK-P 9912表面活性剤充填、未充填および繊維強化PU系向けの内面離型剤常温硬化性樹脂用
BYK-P 9915ポリオキシアルキレン誘導体の合成物PUフォーム用の減粘剤PUフォーム
BYK-P 9920湿潤剤を含むオリゴマー物質の混合物繊維合成材料での繊維濡れ性向上常温硬化性樹脂用
BYK-P 9928高分子量エステルビニルエステル樹脂の硬化中の泡発生を防ぐ常温硬化性樹脂用