よくあるご質問

缶コーティング

缶コーティング分野でお問い合わせの多いご質問をQ&A形式でご紹介しています。

FDA 175.300 に準拠した消泡剤が必要です。どの添加剤が推奨されますか。

溶剤系

BYK-088 は非常に汎用的なシリコン系消泡剤であり、エポキシ/フェノールゴールドラッカーおよびポリエステルベースのコーティングで優れた消泡性を示します。わずかな添加量で非常に高い効果を得られます。

BYK-057 は特にポリエステル配合物に適しています。この消泡剤はポリマーベースで、缶コーティング配合物で良好な消泡性を実現するのに役立ちます。

 

水系

水系配合物の場合、BYK-1640 を試すことをお勧めします。BYK-1640 を系に導入するには、中せん断力が必要です。BYK-1640 は効果的な消泡剤であり、わずかな添加量で水系配合物で良好な消泡性を得られます。

高硬度、低摩擦係数を実現できる添加剤を探しています。どのワックス添加剤が推奨されますか。

最高の硬度値と最低の摩擦係数値を実現するには、カルナバワックスやマイクロクリスタリンワックスなどの低融点ワックスとポリエチレンワックス添加剤の組み合わせを使用することをお勧めします。

溶剤型系

CERACOL 79CERACOL 605 などのカルナバワックス添加剤の融点は約 85 ℃ で、硬化プロセス中に溶融します。CERACOL 610CERACOL 615 などのマイクロクリスタリンワックス添加剤の融点は約 90 ℃ です。

両方のワックス添加剤は、コーティング/空気界面に層を形成し、低い摩擦係数値を実現します。

塗料の硬度を最大化するには、より硬いもう 1 つの成分と組み合わせる必要があります。CERAFLOUR 991 などのポリエチレンワックス添加剤は、カルナウバワックス添加剤と比べて融点が高くなっています。これにより、高い硬度値(Sheen または Clemen 硬度)を実現し、耐スクラッチ性を向上させることができます。

水系

水系の場合、AQUACER 1547 を試すことをお勧めします。この酸化ポリエチレンワックスエマルションにより、非常に高い硬度値を得ることができ、摩擦係数を大幅に低減させることができます。超微粒子であるため、コーティングの光沢、ヘイズ、透明度に悪影響を与えることはありません。

BPA フリーコーティングにお勧めの添加剤は何ですか。

ご要望については、お問い合わせフォームでお問い合わせください。特に BPA フリーコーティング系の推奨チャートを提供します。

使用する塗料は 200 ℃ で 12 分で硬化します。基材の湿潤性を改善するための食品接触規制に準拠した表面調整剤で、高い硬化温度に適したものが必要です。

特に高い硬化温度では、ポリエーテル変性シリコン添加剤は慎重に使用する必要があります。BYK-310 などのポリエステル変性シリコン添加剤は、この用途に最も適した添加剤です。BYK-310 は、液体の表面張力を大幅に低下させる活性シリコン添加剤です。少ない添加量で、完全なレベリングと良好な基材の湿潤性を実現できます。全配合物に対して 0.2% (荷姿)の添加量から始めることをお勧めします。そして、この開始点から添加量の増減してテストをします。

添加剤は、塗料製造において可能な限り後の段階で添加し、低攪拌下で導入する必要があります。マイグレーションのテストする必要があります。

食品接触規制に対応する必要な場合、どの添加剤を使用できますか。

当社のポートフォリオには、Regulation (EU) No. 10/2011, 21 CFR 175.300 ‘Resinous and polymeric coatings’(規則(EU)番号 10/2011、21 CFR 175.300「樹脂およびポリマーコーティング」)または GB9685-2016, table A.2 ‘Coatings’(GB9685-2016、表 A.2「コーティング」)などのさまざまな食品接触規則に準拠する添加剤があります。

リンク(https://www.byk.com/de/regulatory-affairs/lebensmittelkontakt.html)をクリックして、関連するすべての製品の食品接触規制情報を確認できます。

さらに詳しい情報が必要な場合は、お問い合わせフォームでお問い合わせください。

エポキシ/フェノールをベースにした溶剤型内面缶コーティングの耐スクラッチ性を向上させようとしています。コーティングはシートに塗布されます。製造プロセス中のコンタミを回避するために、シリコンは使用したくありません。お勧めの BYK 添加剤は何ですか。

シリコンベースの添加剤を使用したくない場合は、ワックス添加剤をお勧めします。固体形態(微粉化)と分散体形態のワックス添加剤を用意しています。耐スクラッチ性を得るには、ポリエチレンワックス添加剤またはラノリンベースのワックス添加剤を使用することをお勧めします。適切な製品は、CERACOL 604(ポリエチレンワックス微粒子)または CERACOL 609 N(変性ラノリンワックス分散体)です。ワックス添加剤には粒子が含まれていますが、シリコン添加剤はポリマーです。ワックス添加剤を使用する場合は、光沢レベルを確認する必要があります。

当社の溶剤型外面缶コーティングは、ブリキでの湿潤性に劣ります。この問題に対処可能な製品を探しています。FDA 175.300 に準拠する必要はありません。添加剤を後添加したいと思います。お勧めの製品は何ですか。

基材への湿潤性の問題に対処するには、液体コーティングの表面張力を下げる必要があります。2 つのオプションがあります:a)シリコンソリューション:BYK-333BYK-307 などの溶剤型シリコンベースの添加剤を試してください。これらの製品は、表面張力を大幅に低下させます。開始点として、全配合物に対して 0.1~0.2% (荷姿)の添加量をお勧めします。他の製品もご利用いただけます。b)シリコンフリー:BYK-399 は、表面張力をわずかに低下させるシリコンフリーのポリマーレベリング添加剤です。このわずかな低下は、通常、基材の湿潤性の問題に対処するのに十分です。全配合物に対して 0.3~0.5%(荷姿)を試してください。

当社の水性内面缶コーティングは、ブリキでの湿潤性が良くありません。FDA 175.300 に完全に準拠したシリコンフリー製品を探しています。添加剤を後添加したいと思います。お勧めの製品は何ですか。

BYK-3410 をお試しください。この製品はシリコンフリーで、FDA 175.300 に完全に準拠しています。液体塗料の表面張力を下げることにより、基材の湿潤性が改善します。この製品は後添加できます。

貴社製品の食品接触用途向け情報やREACHなどに関する情報はどこで入手できますか。

次のリンクを使用して、当社のウェブサイトにアクセスしてください。ここには多くの情報に加えて、さらに情報が必要な際に当社の専門家とコンタクトするための、連絡先が掲載されています。

当社の内面エポキシ系ゴールドラッカーはミートリリース性に劣ります。使用可能な FDA 175.300 準拠の添加剤はありますか。

CERAFLOUR 994 を全配合物に対して 3~4% の添加量で試してください。微粉化された製品ですが、中せん断力で簡単に導入できます。

ポリエステル/メラミンをベースにした溶剤型外面缶コーティングの表面スリップ性を改善する方法を探しています。コーティングは3ピース缶用です。製品は FDA 175.300 に準拠している必要があり、食品への移行は許容できません。お勧めの添加剤は何ですか。

この場合、ワックス添加剤とシリコンベースの添加剤が解決策になります。どちらも表面スリップ性を大幅に改善します。ワックス添加剤は、全配合物に対する 0.3~0.5% の固形ワックスの添加量で使用する必要がありますが、シリコンは、全配合物に対する 0.05% の固形添加剤という非常に低い添加量から良好な改善を示します。ワックスの多くは FDA 175.300 に完全に準拠しています。シリコンベースの添加剤は FDA 175.300 に(完全に)準拠していないことがよくありますが、マイグレーションに関する研究または"non migration priciple"に基づく最大添加量まで使用できます。この場合は、当社に最大添加量の計算を依頼してください。ワックス添加剤としては、CERACOL 609 N を試すことをお勧めします。これは変性ラノリンワックスの分散体です。分散体であるため非常に簡単にコーティングに導入できます。他のワックス添加剤も使用でき、100% 微粉化された製品もあります。シリコンが好ましい場合は、BYK-313 を試すことをお勧めします。FDA 175.300 に関しては、全配合物に対して最大 0.5% (荷姿)使用できます。BYK-313 または他のシリコンを使用する場合は、マイグレーションを確認する必要があります。ワックス添加剤では、マイグレーションは発生しません。