よくあるご質問

粉体塗料

粉体塗料分野でお問い合わせの多いご質問をQ&A形式でご紹介しています。

 

粉体コーティングにおける、(クレーター防止)および(フロー)および(レベリング)添加剤の一般的な推奨事項は何ですか。

弊社の製品 BYK-360 P / BYK-368 P および BYK-3900 P は、市場ではすべての樹脂系およびすべての配合物用の(クレーター防止)および(フロー)および(レベリング)添加剤としてよく知られています。全配合物に対する典型的な添加量は開始点で約1.0%です。

製造(プロセス)を改善して、押出成形の(スループット)を高めるだけでなく、(バッチ間の)一貫性を高めるにはどうすればよいですか。

製造プロセスは、機器とすべての関連パラメータによって大きく異なります。最適化されていないプロセスパラメータ、最適化されていない配合物、または最適化されていない古い機器の場合、弊社のプロセス添加剤が役立ちます。BYK-3950 P は、すべての系でプロセスと(スループット)を向上させる汎用添加剤です。BYK-3951 P は、(TiO2)含有配合物向けにより特化しています。(カーボンブラック)顔料を含むすべての配合物には、BYK-3955 P を強くお勧めします。これらの添加剤はすべて、バッチ間の一貫性も改善します。

粉体コーティングに小さなくぼみ(クレーター)がしばしば見られます。一部の配合物は製造において(クレーターに敏感)であり、他のいくつかの配合物は弊社のお客様の最終用途においてより重要です。クレーターを回避し、異なる粉体コーティング間(二次汚染)の改善を行う添加剤はありますか。

BYK-3931 P は、標準レベリング添加剤の(クレーター防止)効率を高めます。BYK-3931 P は、他の標準レベリング添加剤それぞれと組み合わせて(共力剤)として使用する必要があります。さらに、異なる粉体コーティング間の二次汚染の問題を減らすのに役立ちます。一般に、これはすべての樹脂系で(クレーターの堅牢性)を増加させます。

改善された(顔料湿潤性)、特に(有機)顔料に使用できる(分散)添加剤はありますか。

弊社のプロセス添加剤のラインナップには、粉体コーティング用の湿潤分散剤もあります。DISPERBYK-2200 および DISPERBYK-2205 は(固形分の)デリバリーフォームなので、粉体コーティングでの取り扱いが容易です。両方の添加剤とも、特に(有機顔料)とカーボンブラック顔料の分散を改善します。改善された(色の濃さ)は、顔料の分散が改善された結果です。

滑らかな表面から(深いつや消し)光沢レベルまでの細かい(テクスチャー)または(構造)効果は、市場では非常に一般的です。さまざまな光沢範囲の細かいテクスチャーのためのお勧めは何ですか。

(PTFE)ベースのワックス添加剤のラインナップは、この場合の要件の全範囲をカバーします。(PE/PTFE)の組合せとしての CERAFLOUR-959 は、滑らかな半つや消し(テクスチャー)効果を提供します。CERAFLOUR-955 は、REACh 準拠の純粋な PTFE であり、深いつや消しテクスチャー仕上げに使用されます。

(PFOA)成分による(PTFE)の(REACh)問題について聞きました。製品ラインナップに REACh 準拠の PTFE 添加剤はありますか。

弊社のすべての(PTFE)ベースのワックス添加剤は REACh(準拠)で、(PFOA)含有量は 25 ppb 未満です。

(テクスチャー)および(構造)粉体コーティングを含む(PTFE)の場合、配合物の PTFE 含有量を減らすためのお勧めは何ですか。

現状では、PTFE ワックス添加剤は、最高レベルの効率でテクスチャーおよび構造効果を生み出します。しかし、配合物に(レオロジー)添加剤を加えることで(PTFE 削減)が可能になります。溶融性(粘度)が高いと、PTFE テクスチャー効果の低下が解消されるので、光学的外観の調整に使用できます。この場合、弊社の標準の推奨は、CLAYTONE-HY または CLAYTONE-40 です。

大胆なパターンの(構造)仕上げや(CAB)に似た(ハンマートーン)効果にお勧めの添加剤は何ですか。

CERAFLOUR-967 は優れた(構造)効果を生成し、(効果顔料)と組み合わせて堅牢な(ハンマートーン)を実現できます。必要に応じてガイドライン配合物を利用できます。

(HAA)系では、(ピンホール)での高さ(厚さ)の問題がありますが、これを回避するにはどうすればよいですか。

HAA 系の(脱ガス性)は、より厚い場合の典型的な問題です。この場合、弊社の推奨標準は CERAFLOUR-960 です。すべての(低温焼付)系および高光沢系に対し、弊社は(非ブルーミング)脱ガス添加剤として CERAFLOUR-964 をお勧めします。

 

多孔質基体上の(ガス放出)によって引き起こされる(ブリスター)や(気泡)などの表面欠陥を回避するにはどうすればよいですか。

(亜鉛メッキ)鋼などの重要な基材上のすべての系で脱ガス性を改善するには、CERAFLOUR-961 をお勧めします。このワックス添加剤は、押出成形プロセスで使用されます。(後添加)の場合、弊社は CERAFLOUR-962 をお勧めします。この添加剤は、既製の粉体コーティングと(ブレンド)できます。

(液体)コーティングで粉体(プライマー)の(リコート性)を改善するにはどうすればよいですか。

リコート性は湿潤性に依存し、これは(表面張力)、(表面エネルギー)に関連しています。プライマーの表面エネルギーが高いほど、湿潤性と(リコート性)が向上します。そのため、そのようなプライマー配合物には BYK-3933 P をお勧めします。BYK-3933 P は、硬化したパウダーコート面の表面エネルギーを増大させます。

(ブルーミング)効果により(インターコート)(接着)に問題があります。これを回避するためのお勧めは何ですか。

ブルーミングは、多くの場合、(ワックス)添加剤の表面への(移動)によって引き起こされます。脱ガスの場合、弊社は CERAFLOUR-964 をお勧めします。このワックス添加剤は(ブルーミングフリー)であり、光沢レベルも低下しません。

(耐スクラッチ性)をどのように改善すればよいですか。

BYK-3932 P は、多くの場合、表面を(スクラッチ)から保護するのに役立ちます。BYK-3932 P は優れた(スリップ)特性を提供します。これによりすべての系でのスクラッチが回避されますが、特に(リーフィング)アルミニウム顔料ベースのメタリック粉体コーティングで傷が付きにくくなります。他の選択肢として、ワックス添加剤の CERAFLOUR-996 R があります。PE と PTFE を組み合わせれば、表面の耐久性がさらに強くなり、耐スクラッチ性と耐摩耗性の両方が強化されます。

市場の一部の分野では、基材の重要性がますます大きくなっているのに比べ、洗浄プロセスの改善が停滞しています。また、最適化されていない(前処理)により、そのような基材上のパウダーコート層の特性(基材湿潤性)が低下します。基材の湿潤性と接着性を改善するための(接着)促進剤やその他の添加剤はありますか。

配合物でレベリング添加剤として使用される BYK-364 P は、より高い(極性)を提供し、粉体コーティングに改善(基材湿潤性)をもたらします。(接着性)の改善ために、ケースバイケースでのお勧めがいくつかあります。テクニカルサービスチームにお問い合わせください。

(薄い)(フィルム)(厚さ)粉体コーティングのお勧めは何ですか。

(レベリング)添加剤としての BYK-3902 P は、50 µ 以下の(低)薄膜(厚さ)で高効率を提供し、より厚い場合は標準レベリング添加剤として機能します。

150 °C 未満の典型的な(硬化)(温度)での(低温焼付)系のお勧めは何ですか。

標準レベリング添加剤には、低温焼付系に最適な BYK-3900 P をお勧めします。CERAFLOUR-964 は、低温焼付(HAA)系の(脱ガス)添加剤として(ピンホール)を削減します。

製品ラインナップに(光沢)(減少)のための添加剤はありますか。

(光沢減少)には、ワックス添加剤各種をお勧めします。CERAFLOUR-970 は最大レベルの効率を提供します。この PP ワックスは(耐スリップ)特性も提供します。弊社の PE ワックス CERAFLOUR-950 は、光沢レベルの調整にも役立ちます。また、どちらのワックス添加剤も良好な(非ブルーミング)特性を提供し、達成された光沢レベルを安定した範囲に保ちます。

高い(腐食)(耐性)と(縁被覆率)が必要ですが、お勧めは何ですか。

(縁被覆率)は(粘度)に依存し、溶融粘度が高くなると改善されます。弊社の(レオロジー)添加剤 CLAYTONE および GARAMITE を使用すれば、さまざまな可能性が開けます。お勧めの詳細については、テクニカルサービスチームにお問い合わせください。