BYK Logo

よくあるご質問

防食および船舶塗料

防食および船舶塗料分野でお問い合わせの多いご質問をQ&A形式でご紹介しています。

キシレンベースのアルキド系塗料用のお勧めのレオロジー添加剤は何ですか。

液体レオロジー添加剤を使いたい場合は、RHEOBYK-7411 CA(ポリウレア)または RHEOBYK-430 を使用できます。これらの製品は後添加できます。使用可能なクレイベースの添加剤は GARAMITE-1958 です。混合鉱物技術は、強力なせん断減粘性効果により、優れたたれ防止性と低い粘度を提供します。また、CLAYTONE-40 をひまし油誘導体 RHEOBYK-100 と組み合わせることもできます。

溶剤型で亜鉛末を安定させるためのお勧めの添加剤は何ですか。 添加剤は、亜鉛が凝集するのを防ぐ必要があります。また、粒子を絶縁して良好な電気的接触を妨げてはいけません。

亜鉛の密度が高いため、沈降を防ぐために有機クレイをお勧めします。中極性の場合のお勧めは CLAYTONE-HT で、高極性(キシレン + アルコール)の場合の一番のお勧めは CLAYTONE-MPZ です。塗料内で均一に分布させるには、DISPERBYK-102BYK-9076 を全配合物に対して 0.5% で添加してみてください。すべての添加剤は、塩水噴霧試験に対して悪影響を与えることはありません。また、ガス発生に関する問題は発生しません。

フルオロカーボン樹脂にお勧めの分散剤は何ですか。あらゆる種類の顔料を検討しています。

芳香族溶剤またはエステルに溶解した OH 官能基フルオロカーボン樹脂には、DISPERBYK-2025 または DISPERBYK-140 をお勧めします。添加量は次のとおりです。二酸化チタン:顔料に 2% の固体添加剤、無機顔料:顔料に 10% の固体添加剤、有機顔料:顔料に 30% の固体添加剤、カーボンブラック:顔料に 50% の固体添加剤。DISPERBYK-2025DISPERBYK-140 は、ほとんどの種類の有機顔料とカーボンブラックの分散に非常に適しています。さらにサポートが必要な場合は、お問い合わせください。

TiO2 顔料系無溶剤型エポキシの開発に取り組んでいます。硬化中に隠ぺい性が大幅に失われることがわかりました。 TiO2 はエポキシに比較的良好に分散し、分散剤を含まないアミン硬化剤ではさらによく分散しますが、隠ぺい性が失われます。これはどうすればよいですか。

この問題は、主に二酸化チタンの凝集が原因で発生します。この種の現象を回避するには、正しい添加剤と添加量が重要です。それがミルベースで比較的良い状態であっても同じです。顔料の研磨中にエポキシ部分で DISPERBYK-2152 または DISPERBYK-111 を試してください。二酸化チタンへの固体添加剤の添加量は 2% です。

2 液ポリウレタンコーティングを開発しています。硬化したコーティングで色浮き、色分かれの問題が時々発生します。コーティングが青、灰色、緑などの暗い色の場合、問題はさらに深刻です。この問題の対処方法を教えてください。

フタロシアニンブルー、フタロシアニングリーン、カーボンブラックなどの有機顔料は、湿潤化、分散化、安定化が非常に難しい顔料です。重要な要素の 1 つは、適切な湿潤分散剤の使用による安定化です。共分散を行えば、1 つの添加剤ですべての顔料とフィラーを安定させることができます。そのような添加剤として、DISPERBYK-2013DISPERBYK-2055 および DISPERBYK-2155 があります。もう 1 つの要素は、添加量です。一般的には、TiO2 の場合は 2% の sop(顔料重量に対する添加剤固形分)、有機ブルーおよびグリーンの場合は 30~40% の sop、カーボンブラックの場合は 40~100% の sop です。通常、フタロブルーおよびグリーンには色素共力剤が必要です。顔料に対して 3~5% の BYK-SYNERGIST 2100 をお勧めします。シナジストは、分散工程前段階の湿潤分散剤を加える前に、添加する必要があります。

高充填のエポキシ系の開発に取り組んでいますが、次の問題が生じました。非常に高粘度ですが、顔料とフィラーが沈殿します。これはどうすればよいですか。

流動性を上げるために、粘度を下げる湿潤分散剤を使用することをお勧めします。防食コーティングで一番のお勧めは、DISPERBYK-142 または BYK-9076 です。  一般的には、TiO2 の場合は 2% の sop(顔料重量に対する添加剤固形分)、無機顔料の場合は 5% の sop、フィラーの場合は 0.5% の sop をお勧めします。沈降に関しては、RHEOBYK-7410 ET または RHEOBYK-430 の 2 つの選択肢があります。エポキシ主剤に対しあり姿で1%の添加量が初期評価として適しています。これらのレオロジー添加剤により、優れたせん断減粘性効果が生まれます。

製造プロセスに良好な流動特性を失うことなく、高充填液体液状エポキシ樹脂バインダーを増粘させるためにヒュームドシリカを高充填で分散させ、また粘度を安定させるためにレオロジー剤を添加する必要があります。要件を満たすには、どの BYK 添加剤を使用したらよいですか。

Disperbyk-103 は、シリカ用の湿潤分散剤の 1 つです。この添加剤は、優れた流動特性を提供します。また強力な粘度低減により、系にさらに多くのシリカを充填できます。

2 液水性エポキシ防食コーティングを開発しています。ラボでの作業で、コーティングフィルムにいつもピンホールが発生します。この問題の解決方法はありますか。どのような表面添加剤を使用する必要がありますか。

ピンホールの主な原因は気泡です。したがって、適切な消泡剤を使用することで問題を解決できます。新しい消泡剤 BYK-1789 をお勧めします。これは特に、速乾性で強力な消泡剤を必要とする水性エポキシ系用に開発されています。これで問題を解決できない場合は、従来の方法をお勧めします。開始点として BYK-024 を選択し、消泡性とハジキを確認します。ハジキの発生も消泡効果もない場合は、より強力な消泡剤として BYK-022 を試してください。消泡剤によってハジキが発生している場合は、より高いせん断力を加えるか、BYK-1710 を試すことをお勧めします。  オープンタイムを長くするには、0.5~1.0% の BYKETOL AQ を使用します。表面調整剤であるBYK-3455 または BYK-349を 0.3~0.5% 使用すると基材湿潤性も向上します。

重防食エポキシコーティングのたれを防止する添加剤を探しています。

中極性から高極性の系の場合は、マキシマムパフォーマンスの有機クレイである CLAYTONE-MPZ がチキソトロピー流動挙動を提供します。製造加工が低下することはなく、優れたたれ防止性を提供します。45 ℃ を超える温度に達しても問題がない場合は、RHEOBYK-100 が適しています。液体添加剤である RHEOBYK-430 は、擬塑性流動挙動と塗布後の迅速な粘度回復により、優れたたれ防止性を提供します。

滑らかな艶消し面のポリアスパラテギン酸トップコートの調合に取り組んでいます。これを実現するにはどうすればよいですか。

ポリアスパラギン酸コーティングを艶消しにするのは少し難しいです。VOC 含有量が少ないため、コーティングの硬化収縮は非常に限定的です。艶消しにとってこの収縮は非常に重要です。つまり、艶消し剤であるシリカを系で大量に使用する必要があります。DISPERBYK-103 を使用することで、系に大量(>10%)のシリカを追加できます。添加量は約 5~10%(シリカに対して固形分換算)です。

水バラストタンクとコーティング用のさまざまなエポキシトップコートの開発に取り組んでいます。洗浄性が向上する、または汚れの付着が低減する添加剤はありますか。

BYK-SILCLEAN 3701 をお勧めします。これはエポキシ官能性シリコンマクロマーです。エポキシ官能性であるため、塗料マトリクスに結合されて永続的な効果を得られます。洗浄性が向上するとともに汚れの付着が低減します。

80-90 NVV 系にお勧めの HAPS(有害大気汚染物質)フリー分散剤は何ですか。MAK を溶剤として使用すると、顔料は 100 エポキシ樹脂に分散されます。また、分散剤で分散ペーストの粘度を下げる必要があります。

BYK-9076DISPERBYK-2152DISPERBYK-145 を試してください。これらはすべて無溶剤型です。DISPERBYK-142 は、DISPERBYK-145 の 60% バージョンです。

水性防食プライマー用/金属コーティングに直接添加可能なレオロジー添加剤を探しています。たれ防止性を備え、水感受性を高めないお勧めの製品は何ですか。

DTM コーティングの場合は、通常、アクリル系分散剤が使用されます。当社のすべての RHEOBYK タイプはアクリル系に使用でき、水感受性を高めません。この場合は、特に RHEOBYK-H 3300 VFRHEOBYK-H 6500 VF をお勧めします。エポキシ系を使用する場合は、RHEOBYK-440 が最初の選択肢であり、RHEOBYK-7610 が 2 番目の選択肢です。(RHEOBYK-440RHEOBYK-7610 は日本未発売 )

水性防食コーティングに最適な湿潤分散剤はどれですか。テストした添加剤のほとんどが吸水性と防食性に悪影響を与えました。

確かに、ほとんどすべての湿潤分散剤が吸水性と防食性に悪影響を与えます。DISPERBYK-2080 は耐水性に悪影響を与えない最初の湿潤分散剤です。配合によっては、接着性が向上し、その結果として防食性が向上することがあります。これは、すべての水系に推奨されます(2 液 PU、アルキド、エポキシ、アクリレート)。DISPERBYK-2080 は有機顔料での分散安定化性能が限られているため、有機顔料を使用する場合は DISPERBYK-2015 をお試しください。
DISPERBYK-2080は日本未発売)

アミン分散で機能するレオロジー添加剤はありますか。 試したすべてのレオロジー添加剤は、まったく機能しないか、反応して粘度が高くなりすぎます。

水性アミン分散の場合は、2% の RHEOBYK-440 を使用します。これは反応せず、良好なレオロジー特性を提供します。
溶剤型アミン研磨の場合は、RHEOBYK-430 を使用します。(RHEOBYK-440は日本未発売)

銅の代わりに使用できる防汚用の添加剤はありますか。

有望な最初の結果を得られた進行中のプロジェクトがあります。お問い合わせください。最新情報をお届けします。

膨張性コーティングにお勧めの難燃性添加剤は何ですか。

プラスチック(ケーブルコーティングなど)用に提供している難燃性添加剤のような添加剤を提供することはできませんが、膨張性コーティングの性能を向上させるいくつかの添加剤をお勧めすることはできます。水性膨張性コーティングに湿潤分散剤を使用する場合、それが比較的少量であっても貯蔵安定性に影響を与えるため、慎重に選択する必要があります。DISPERBYK-2012 または DISPERBYK-2080 をお勧めします。これらの 2 つの添加剤は、貯蔵時の粘度の増加を抑えることができます。消泡剤の導入はチャー性能に影響を与えず、乾燥した膜内の空気が少なくなるため性能が向上します。BYK-015BYK-1780 をお勧めします。
溶剤型膨張性コーティングの場合、湿潤分散には ANTI-TERRA-U 100 または BYK-P 104 を、消泡剤の最初の選択肢としては BYK-081 または BYK-1794 をお勧めします。 
また、チャーの形成を助け、チャー強度を提供する添加剤 BYK-LP-X 21446 もあります。在り姿2% の添加剤を使用してください。詳しくはお問い合わせください。(DISPERBYK-2080は日本未発売)

エポキシ顔料ペーストが保存時にゲル化します。特に赤色と青色で発生します。この理由は何ですか。また、どうすれば解決できますか。

多くの湿潤分散剤には、エポキシ樹脂と反応する可能性のある多くのアンカー基が含まれています。この問題は有機顔料でより顕著です。これは、安定化のためにより多くの湿潤分散剤が必要となるためです。 
DISPERBYK-2152 は、最も安定した湿潤分散剤の 1 つで、有機および無機顔料に適しています。エポキシ顔料ペースト用の DISPERBYK-2152 を使用した出発配合例を提供しています。営業担当者にお問い合わせください。